クリスマスまでに痩せたいあなたへ贈る7つの行動

ハロウィンが終わったと思えば、あっ!という間にクリスマス
11月になればすぐにクリスマスがやってきます。

この時期は、

冬までに3キロは、絶対痩せたい!

クリスマスまでになんとしてもキレイになりたい!

このままの体じゃ、クリスマスなんて迎えられない!と焦っている女性が多いのではないでしょうか?

いくらクリスマスまでに痩せる決意が硬いといっても、冬ってダイエットの敵が多いんですよね。
寒いから外で運動もできないから身体を動かせないし、飲み会シーズンでやたらと忘年会が入ってる。しかも、クリスマスまでの期限が迫っていて時間もない!

こんな誘惑が多くて痩せられるの???

今回は、そんな悩めるあなたへ贈る日常生活で簡単にできるダイエット方法を伝授します。
素敵なクリスマスを迎えるために、ぜひトライしてみましょう♪

本気で痩せるための7つの痩せ習慣

1:朝は白湯を飲む

さむ~い冬の朝は体温もどんどん下がっていきます。1日を暖かく過ごすために、朝起きた時に白湯を飲みましょう。
白湯を飲むことで体の代謝UP↑↑消化機能の向上とダイエットにとって良い事づくめ♪

さらには、ダイエットの天敵である”冷え性”撃退にも役立ちます。

ポイント!
必ず、朝に飲むことに意味があります

2:ご飯を食べる時は、必ずサラダから

冬は飲み会シーズン。毎週、毎週あっちの忘年会に呼ばれたり、こっちの送別会に呼ばれたりとたくさん食べなきゃいけない予定が詰まってる><、
この飲み会ってどうしようもないですよね。断れないし、自分も楽しみたいから結局行くことは避けられない。

どうせ食べなきゃいけないなら、せめて痩せる食べ方をしましょう!
野菜から食べることにより、食物繊維が内臓を掃除してくれて脂肪になる食べ物を排泄する準備や、急激に太るのを防いでくれます。

ポイント!
飲み会などでは自由にご飯を選べませんが、せめてサラダから食べることを意識しましょう

3:たっぷりと睡眠をとる

眠っている間は、体のメンテナンス時間です。体は眠っている間に、エネルギーを消費して私たちが生きるために必要な水や血を作っています。つまり、寝ているだけで体のエネルギーが消費されていくので、何もしなくても痩せていきます♪
夜22時からは睡眠のゴールデンタイムと言われる、もっとも体のメンテナンスが活発になる時間なので22時までには眠りたいところですが、、、忙しい現代社会に22時に寝るなんて無理!であれば、せめて0時には眠りにつきましょう。

ポイント!
0時までに寝れば、疲れを翌日に繰り越さないです

4:いつもの通勤・通学では階段を使おう

冬は寒くて、なかなか運動できませんよね。それなら、必ずしなければいけない通勤・通学で一工夫しましょう。
エスカレーターやエレベーターを使わずに、階段を意識して使っていけば、運動になります。階段を登り、降りすることでふくらはぎの筋肉が刺激され、下半身に溜まっているむくみの改善にも繋がります。

階段が通勤・通学途中にないかたは、電車でなるべく立ち、お腹をヘコませたり、かかとを上がるなどながらでできる運動をしましょう。

ポイント!
普段の生活にふくらはぎの筋肉を動かす行動を取り入れましょう

5:飲み物は、水やデットクスティーを飲む

市販の紅茶や、清涼飲料水には私たちの想像以上の砂糖がたくさん入っています。味付きのミネラルウォーターも、ミネラルウォーターと書いてあっても味をつけるために砂糖を入れています。

砂糖を丸のみしている状態では、いつまでたっても痩せません。飲み物は水やデットクスティーを飲み、体の中に溜まった老廃物を流す準備を整えましょう。

ポイント!
水やデットクスティーは常温か、ホットがのぞましいです。

6:パンやパスタ、カップ麺でなく栄養を考えて食べよう

パンやパスタ、カップ麺を食べ続けるとなぜ太るか知っていますか?

よく、
「このパンは100キロカロリーだから太らない♪」
「カップ麺は80キロカロリーだから夜食で食べても大丈夫」
という声をよく聞きますが、体はそんな単純なカロリー計算で成り立っていません。

私たちが食事をするのは、生きていくうえで必要な栄養素をご飯から取り入れるためです。栄養素の中にはモチロン痩せるために必要な栄養素だってたくさんあります。
それなのに、パンやパスタ、カップ麺などには栄養素がほとんど入っていません。これでは食べたぶんだけ脂肪に変わっていきます。

ご飯を食べる時は、栄養を考えたうえで食事を選んでいきましょう♪

ポイント!
主食・副菜・主菜・乳製品・果物などに痩せるために必要な栄養素が含まれています。これらを意識して食事を選びましょう

7:早食いは太るモト!よく噛んで食べましょう

まるで、ご飯を飲むように早く食べる人をよく見ます。ダイエットにおいて、早食いはNG!

なぜなら、早く食べることで内臓機能に負担をかけてしまうからです。よく噛まれなかった食べ物は、大きな塊となって内臓に送られます。そのため消化に時間がかかり、結果、内臓に負担をかけてしまい、基礎代謝の減少につながります。

食事の時は、姿勢を伸ばし、30回ほど噛みながら食べていきましょう。

ポイント!
よく噛むことで内臓の負担を最小限にし、なおかつ噛むことで小顔効果にもつながります♪

おわりに


今回は、クリスマスまでに日常で簡単にできる行動をお伝えしました。
本当にどれも意識すれば、今日からでもすぐに変えられる行動ばかりです。

ダイエットは日々の積み重ねが、結果となって現れます。
ぜひ、この7つの行動を実行に移し、素敵なクリスマスを迎えましょう♡

体質別ダイエットアドバイザー:なお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です